トラブルをおこさない為に遺産相続に必要なのは遺言書

遺産相続でトラブルを起こさないために必要な遺言書

MENU

遺産相続でトラブルをおこさない為の遺言書

 

自分の死後、遺産のせいで、自分の子供たちが争い、仲たがいするようになってしまったら、親として、とても寂しく悲しい気持ちになるに違いありません。

 

実子だけなら、トラブルがおこることもないでしょうが、それぞれの子供がすでに結婚して伴侶がいる場合には、トラブルになる可能性があります。

 

家族に余計な負担をかけない為にも、親族間のトラブルをおこさせないためにも、元気なうちに遺言書を作成しておきましょう。

 

書式に対する知識が無くても、法的な効力のある遺言書を手軽に作成できる遺言作成キットなどを購入して、作成することもできます。

 

遺言書には、何種類かの遺言書があります。
家族の状況に合わせて、最も適したものを選んで作成しましょう。

 

直筆証書遺言

遺言書の内容全てを自筆で書く遺言書で、被相続人の亡くなった後に、家庭裁判所で、遺言書を検認してもらう必要があります。
いつでも手軽に作成できますが、形式に従って作成しないと、法的に効力のないものになってしまいます。
日付と署名必ず記載し、押印を忘れないように気をつけましょう。
また、後日訂正したい場合、訂正の方法にも細かいルールがあるので、訂正する場合には、新たに作成したほうが楽です。

 

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人役場で、証人立会いの下、公正証書として遺言書を作成し、保管してもらう方法です。
この方法は、役場で保管されているため、紛失したり、他者によって内容を変更されたりすることがなく、検認手続きをする必要もありません。

 

秘密証書遺言

遺言書の内容を公証人や証人の前で披露したくない場合には、遺言書を封筒に入れた状態で公証人に提出し、その後、自分で保管してもらう方法で、検認手続きが必要です。

 

自分の死後、家族が遺言書を見つけることができない恐れが無く、牽引手続きの必要もない公正証書遺言が、最も確実な遺言書ではないでしょうか?