遺産相続で起きやすいトラブルとは

遺産相続で起こりやすいトラブルと対処方法 ②

MENU

遺産相続の際におこる恐れのあるトラブル②

 

被相続人に前妻とその子供がいた場合や、摘出子がいた場合

被相続人に離婚歴があり、前妻や、その子供がいた場合、また、摘出子がいた場合は、トラブルがおこりやすい遺産相続になる恐れがあります。

 

前妻にも、その子供にも、摘出子にも相続の権利があるからです。
そして、遺産を分割する為には、相続人全員の合意が必要です。

 

相続人全員で遺産分割協議をし、全員が合意して、署名押印しないと、遺産である銀行の預貯金を銀行口座から引き出したり、不動産や株式の名義変更をしたりすることができないのです。

 

特に、摘出子の場合、家族が知らされていない場合もあります。

 

遺産分割協議をし、全員が合意に至った後に、摘出子の存在がわかると、遺産分割協議をはじめからやり直さなければならなくなってしまいますので、遺産の分割協議に入る前に、被相続人の出生から亡くなるまでの間の戸籍を全て確認する必要があります。

 

 

トラブルを避けるためには、前妻が離婚協議書を持っており、その中に遺産相続に関しての取決めが記載されていれば、それに従うことができますが、それが無かった場合には、専門的な知識があり、公平な立場から冷静にアドバイスのできる第三者を入れて、話し合いをすることが最適な方法です。

 

摘出子がいた場合に備えて、早期に、摘出子の存在を発見することが、トラブルを避けるためには大事なことです。

 

 

遺産を遺す側が、自分が亡くなった後に、遺族に遺産のことで心労をかけないようにするためには、法的に効力のある遺言書を遺すこと、残された遺族側がトラブルを長引かせないためにできることは、お互いに思いやりを持って遺産分割協議に臨み、合意した際には遺産分割協議書を作成しておくことです。