相続登記の手順や必要性について解説します。

相続登記の必要性と手続き

MENU

相続登記について

 

相続の準備を進めているが、相続登記は本当に必要なのだろうか?

相続が発生すると、葬儀や遺産分割など様々な手続きを行わなければなりません。
なかでも「相続登記」は、権利関係や財産分割に深く関わる重要な手続きになります。
ここでは、相続登記の手順や必要性について解説していきます。

 

なぜ相続登記が必要なのか?

まず、「相続など所有権に関する登記」を説明します。
わかりやすく言うと、「その不動産の所有者が○○であることを証明できる公の手段」という意味です。
相続が発生した時には、親など亡くなった方の名義である不動産については、事実上所有者不在の状態となります。
そのため、相続人(血縁者など)が「相続登記」を行うことによって、第三者に所有権を主張できるという訳です。
相続登記をしないまま、相続人のひとりが相続財産を勝手に売却すると、その売却は民法上有効なものと見なされます。
もちろん法律上の厳しいチェックはありますが、過去に同様の判決が下された実例が多数存在しました。
ですから、相続登記は必ず行うようにしましょう。

 

相続登記の手続きはどのように進めるのか?

相続が発生したら、まずは司法書士などの「権利関係の専門家」(以下、書士と表記)に相談します。
相続人が一人であれば、書士に依頼してすぐさま「相続登記」を進めます。
もし、相続人が複数いる場合は、前もって相続人全員で会議の場をつくり、後になってもめ事とならないように「相続財産の配分や金額」などを話し合います。
この会議の場を「遺産分割協議」と言い、協議によって決めた内容を記した書面を「遺産分割協議書」と言います。

 

その遺産分割協議書で「相続人代表者」を指定し、その代表者の名義で書士に「相続登記」を依頼します。
この相続登記が完了していないと、財産を売却することができなかったり、相続税も確定しません。
ですので、できるだけ早い時期に相続登記を済ませられるよう、相続人全員に協力してもらうようにしましょう。