遺産相続ではどんなトラブルが起こりやすいのか

遺産相続で起こりやすいトラブルと対処方法 ①

MENU

遺産相続の際におこる恐れのあるトラブル①

 

遺産相続の際に、おこりやすいトラブルには、どのようなトラブルが多いのでしょうか?
また、それを避けるためには、どうすればよいのでしょうか?

 

遺された遺産が不動産だけであった場合

不動産は、分割の方法が難しいため、トラブルのおこりやすい遺産です。

 

被相続人が、一人で暮らしていた場合には、不動産を処分して、相続人の間で公平に分割することができますが、多くの場合、被相続人の息子、又は娘とその家族が同居しています。

 

このような場合、家を処分して現金に換え、分割することはできません。

 

なおかつ、被相続人と同居していた相続人が、被相続人の介護や看病をしていた場合、どのように遺産を配分するのか、同居していた相続人の兄弟姉妹、同居していた相続人の伴侶も、それぞれ相続人としての主張が出てきて親族間のトラブルになるようです。

 

このような状況の場合には、民法に定められた均等な分割方法をそのまま当てはめると、それぞれの相続人が納得できない場合があり、トラブルになってしまうことがあるのです。

 

 

トラブルを避けるためには、専門的な知識があり、公平な立場から冷静な判断ができる第三者のアドバイスを受けながら、話し合いを進めてくことが望ましい対処方法です。

 

そして話し合いの際には、お互いの立場を理解、尊重し、思いやりを持って意見を出し合うことが大切です。

 

話し合いで出した結果は、口約束のままにせず、分割協議書を作成し、後日トラブルの種にならないようにしておきましょう。

 

分割協議書は、法的に必ず作成しなくてはならないものではありませんが、相続人同士が話し合い、全員が納得して合意した時点で、文書にして保管しておくことで、将来、相続人のうちの誰かが、遺産相続に対して不満を訴えた時に、円満に解決することができます。