相続放棄は、借金だけでなく、不動産や預貯金などプラスの財産も譲り受けることができません。

相続放棄のデメリット

MENU

相続放棄について

 

借金も相続の対象になると聞いたことがあるが、借金の部分だけ回避できないか、または相続そのものを拒否できないか知りたい。

 

相続財産では、現金や不動産など「現金化できるプラスの財産」だけなら良いのですが、「借金などマイナスの財産」が存在する場合、回避する方法はあるのでしょうか。
ここでは、相続の権利放棄(=相続放棄)について解説していきます。

 

相続が発生(親などが亡くなること)すると、相続人(財産を譲り受ける人)は以下の3つの中から意思決定をします。

 

①単純承認

被相続人(亡くなった人)が残した財産(マイナスの財産も含む)をすべて相続することです。

 

②限定承認

プラスとマイナスのどちらの方が多いか判断できない場合に利用される形態です。
相続財産全体で、プラスが多い時にそのプラス分だけ相続します。
ただこの形態は、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に相続人全員で手続きを行わなければならず、期間内での手続きが難しいため、よほど多額の財産でない限り③の相続放棄を選ぶことが多くなるようです。

 

③相続放棄

相続財産のプラスとマイナスを問わず、相続する権利を一切放棄することです。
手続きは、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に行う必要がありますが、限定承認とは異なり単独での申請も可能となります。

 

相続放棄のデメリット

相続放棄には、「親が残した借金や面倒な相続争いに関わらなくて済む」という精神的なメリットがある一方、デメリットもあることを覚えておく必要があります。
これは、相続放棄を選択した場合、借金などマイナスの財産だけでなく、不動産や預貯金などのプラスの財産も譲り受けることができなくなるということです。
加えて、相続放棄手続きが完了してしまうと、後から撤回することはできず、仮に多額の財産が見つかったとしても、相続放棄後はその財産を譲り受けることができなくなるのです。
ちなみに、相続放棄した人の立場については、最初から相続人ではなかったとみなされることから、相続放棄した人の子供が相続することは可能となります。

 

相続放棄が認められないケース

相続放棄の手続きを完了しても、財産の一部または全部を処分(売却など)したり、隠ぺいしたりすると、単純承認したとみなされる場合があるため、注意が必要となります。