法律に関するトラブルとはどのように起こるのでしょう

相続に関わる法律的なトラブル

MENU

法律に関するトラブル

 

相続で起こりやすい法律的なトラブルは、遺産の分割が明確にならない時に、おこってしまいます。

 

具体的には、亡くなった本人が独身、または事情によってなくなった時点で、子供、または配偶者がいなかった場合、再婚をしたため、前の配偶者に子供がいる場合、内縁の夫や妻がいる場合、子供の配偶者にも遺産を分割したいという希望があった場合、主な遺産が一戸建ての家屋のみである場合、共有名義の不動産がある場合、会社を個人経営していた場合、特定の相続人だけが多額の生前贈与を受けていた場合、生命保険金の受取りに関して、受取人が個人名ではなく、相続人となっていた場合などの状況においては、トラブルが発生しやすくなってしまいます。

 

このような場合には、素人では解決できないことが多いので、専門の法律家のアドバイスを受けることが、遺産相続の法律に関するトラブルを解決に導く方法の一つです。

 

遺産相続に関する法的な相談は、自分の居住している地域に、無料で相談できる窓口を探してみるのが、簡単な方法です。

 

遺産相続の無料相談を受け付けている事務所には、司法書士や、行政書士、土地家屋調査士が在籍しています。

 

その為、相続手続き前に確認、遺言書検認や執行、遺産分割協議、支払いを止める手続き、受領手続き、名義変更手続き、相続登記申請、相続放棄手続きなどを取りまとめてサポートしてもらえます。

 

生前に遺言書の作成、財産目録の作成、相続人の確定などの相談もできます。

 

このような遺産相続の無料相談を受けると、個人でそれぞれの手続きをするよりも、費用が抑えられ、期間も短縮できるという利点があります。

 

 

>>税金に関するトラブルはこちら

 

>>親族間のトラブルはこちら