遺産分割で最も揉める原因になりやすいのは、分割することが難しい不動産です。

遺産分割で起こるトラブルに生じるデメリット

MENU

遺産分割の問題

 

遺産分割において一番悲しい出来事は、残された家族の間で揉めてしまい、様々な問題が発生してしまうことです。
ここでは、揉めることによって生じるデメリットのうち代表的なケースについてお話します。

 

①相続財産が不動産のみのケース

不動産は分割することが難しく、簡単には処分できないため、最も揉める原因になりやすいのです。
特に被相続人(親など亡くなった人)と相続人(血縁者)が同居していた場合には、苦渋の選択が待っています。

 

被相続人(親など亡くなった人)と同居していた相続人が住み続けることに対し、別の相続人から現金などの保障を要求される。
>>すぐに現金が用意できない場合に、減額や分割払いなどの交渉をしなければならない。
>>交渉がまとまらなければ、売却して現金清算しかない。ただし、相続人は住居を失う。

 

このように、住み慣れた家から転居し、売却に費用や時間が掛かるなどのデメリットをもたらします。
これは特別な事例ではなく、相続問題の典型とも言われているケースなのです。

 

②相続人のひとりが被相続人の面倒を看ていたケース

例えば、3人兄弟の2番目の子が親の介護や面倒を看ていた場合、当然に2番目が財産を余分に譲り受ける権利があるにも関わらず、遠方に住んでいたりして全く面倒を看なかった1番目か3番目が、法律で規定する相続分を要求したため、感情的な争いに発展してしまうケースです。
ドラマのような話ですが、これも相続問題の典型のひとつです。
また、このケースでよく登場するのが、1番目か3番目の配偶者(妻か夫)です。
第三者である配偶者が介入する事態になると、もう家庭裁判所の調停や審判に解決を委ねるしかなく、争いの長期化や弁護士費用などのデメリットが発生してしまいます。

 

他にも、デメリットとして以下のような問題が発生します。

  • 預貯金が使えない。
  • 不動産の売却や貴金属など不動産の現金化ができない。
  • 家庭裁判所の調停により解決が長期化したり、弁護士費用が発生したりする。
  • 相続税におけるさまざまな優遇措置(控除など)が使えず、一時的でも納税額が増える。

 

このように揉めることによって、結局全員が損をこうむることになるのです。

 

 

スムーズに相続をする為に大切なこと