遺産相続の相談を受け付けている事務所は、無料相談の結果、見積もりを出してくれます。

専門家への相談による遺産相続

MENU

 

いずれ訪れる大切な家族の最期…

 

その後に待ち受けているのが相続の問題です。
悲しみに耽っているばかりでは、
大切な人が残してくれた財産を守ることができないのです。

 

いつの日か来たる試練に、今のうちから対策しておくことも重要な行動となります。

 

 

相続の手続きが終わったら、火災保険の名義変更も必要となります。
また、火災保険の加入をご希望の方は下記サイトをご覧下さい。

 

火災保険比較の薦め

 

 

相続の専門家とは?

 

遺産相続で、不動産を相続した場合には、不動産の名義変更をするための相続登記をするために、司法書士に相談する必要があります

 

遺産相続の話し合いがこじれてしまい、調停や審判などの裁判所で手続きを勧めなくてはならなくなった場合には、弁護士に相談する必要があります
調停や審判などの裁判所で手続きは、弁護士しかできないからです。

 

遺産相続の際に、相続人同士で争っている場合は裁判になるのですが、結果的にはほとんどの場合、法律で決められた相続割合での遺産相続ということになります。
そして、弁護士に相談すると、高額な費用がかかります。

 

相続の専門家には、6000万円以上の相続財産があった場合に、相続税を申告、納税する義務が発生しますので、税理士に相談する必要があります

 

多くの場合は、6000万円を超える相続よりは少ないので、相続税を支払う必要はありません。
したがって、税理士に相談することは、遺産相続をした人全体から見て、約4パーセント程度です。

 

このように、それぞれの専門家によって、相談内容の範囲が限られていること、また、個々に相談すると、それぞれに費用が掛かること、あちこちの事務所で手続きをしなければならず、手間が煩雑になることなどのデメリットがあります。

 

その点、司法書士や行政書士が在籍している遺産相続専門の事務所に相談すると、まず、無料相談が受けられ、その結果、各種の相談をまとめてサポートしてくれます。

 

通常高額な費用のかかる弁護士が在籍している事務所もありますし、在籍していなくても、紹介してくれるようなシステムになっている事務所もあります。

 

 

 

専門家は何をしてくれるのか?

 

行政書士事務所は、相続手続き代行、遺産分割協議書作成をしてくれます。

 

30万~300万円の費用が掛かります。
ただし、不動産名義変更や相続税申告はできませんので、別に費用が掛かります。

 

税理士事務所は、基本的に相続税申告をしてくれます。相続財産の1~3%の費用が掛かります。大手銀行は、遺産整理業務をしてくれます。

 

これは、相当高額な資産があり、なおかつ、親族間に一切トラブルがない場合に限られます。料金も最低でも100万円以上かかります。

 

また、上記の事務所に個々に相談した場合、相続財産の調査や、戸籍収集、銀行や保険の手続きはしてもらえますが、相続登記のための、不動産名義変更、遺言書検認、限定承認、相続放棄などに関しては、別に費用が発生します。

 

そのため、トータルすると、かなり高額な費用が掛かってしまいます。

 

6000万円以上の相続財産があった場合には、状況に応じて、個々の事務所に相談することも考えられますが、ほとんどの場合は、遺産相続に関する手続きをまとめてしてくれるような事務所に相談することが、高額な費用を支払わずに、無事に遺産相続の手続きを済ませることのできる方法です。

 

遺産相続の相談を受け付けている事務所は、ほとんどの場合、まず無料相談を受けることができます。

 

そして、相談の結果、見積もりを出してくれます。
特別に複雑なケースでなければ、相場としては20万円前後で、すべての手続きをしてもらえます。